理念・沿革
基本理念
「NPO法人ゆめさぽーとらいちょう」は、生活のしづらさをかかえながらも自立したいという夢をもった人たちと、 その人を支える家族の皆さんをサポートしたいと考えています。誰もが地域であたりまえに生活していける社会 の実現を図るために、自立支援に関する事業、障害福祉に関する啓発・広報事業を行い社会福祉の増進に寄与 することを目的としています。 
 沿革
  おもなできごと 
1996(H8)年4  富山市民病院家族会のメンバーが同市南部での共同作業所づくりを目指
し、広く家族に呼びかけて南部地域家族会発足の準備を開始する。
1997(H9)年2  富山市精神障害者南部地域家族会らいちょう設立、共同作業所らいちょ
うの運営に関する事業を行う。
1997(H9)年   共同作業所らいちょう開所
“共に語り、支え、学び合う心やすらぐ仲間のいる場所”を目標に運営
を開始する。
2000(H12)年   3周年記念誌「らいちょう」を180部発行する。
2001(H13)年  オリジナル製品「ゴマせんべい」作りに取り組む。
2002(H14)年4月   5周年記念交流会の開催
作業所に関わってくださった方々(行政・医療の各関係機関、ボラン
ティア、支援企業など)と、富山観光ホテルにて交流会を行う。
 
2006(H18)年10月   “NPO法人ゆめさぽーとらいちょう”を設立。同時に「共同作業所
らいちょう」から障害者自立支援法にもとづく『地域活動支援センター
Ⅲ型』事業に移行。
2010(H22)年4月   障害福祉サービス『就労継続支援事業所ゆめさぽーとらいちょうB型
事業所』を富山市赤田に設立。
2013(H25)年4月 『就労継続支援事業所ゆめさぽーとらいちょう』を富山市悪王寺に移転。
2014(H26)年4月
『地域活動支援センターらいちょう』が『就労継続支援事業所』に移行。
それに伴い、両事業所名を変更。
2017(H29)年10月   20周年記念祝賀会の開催
らいちょうに関わってくださった方々(医療関係機関、ボランティアなど)
と、パレブラン高志会館にて祝賀会を開催。
 
   現在2つの事業所を運営し、障害をもつ人が自立して社会に参画し、生きがいを持って暮らせるよう活動してきました。
TOP  理念・沿革  メンバーさん募集  自主製品紹介  今月の行事  地図・アクセス

お問い合わせ  らいちょう蜷川  らいちょう熊野